カミソリを使う前に

 

中学生のムダ毛をカミソリで処理することについて

 

中学生のムダ毛の処理というと、カミソリが一般的でしょう。ただ、まだムダ毛処理をあまりしたことがない年代ですから、やり方もはっきりとわからないものです。大人ならば、ムダ毛処理の場合にカミソリを使うことをできるだけしないものです。それは肌を傷めてしまうからです。そのために、高価な家庭用脱毛器などで、肌をいたわりながら脱毛をするのです。しかし、まだ子供の、中学生くらいの子には、カミソリでの処理で十分でしょう。もちろん、肌を大事にきれいにしたいという思いがあるのならば、カミソリは避けたほうがいいのです。さて、カミソリでのムダ毛処理をするときに注意したいことがあります。それは何もつけずにカミソリで剃らないという事です。カミソリで肌をなぞるだけでも、肌はダメージを受けてしまいます。ムダ毛を剃るために、まずしてもらいたいことは、肌に泡立てた石鹸やボディーソープを付けておくことです。ドラッグストアには、シェービングローションが売っていますから、それを利用してももちろん良いです。ムダ毛処理をする部分に泡立出た石鹸を塗り、そうしてカミソリで剃っていきましょう。何もつけないで、そのままカミソリをあてていくと、肌は傷み、時には出血することもあります。そうならないためにも、必ず何かしらつけることをしてください。ドラッグストアで、透明なゲル状のシェービングローションが売っていますが、それなどは、ムダ毛がしっかりと見えますから、処理がしやすいですからおススメです。シェービングローションなどは、使い心地もいいですから、できればそれらを使うといいですが、石鹸などでも十分でしょう。処理をしたあとも、保湿を忘れずにしたいものです。

カミソリの使い方

 

 

ムダ毛の処理をする時に、まず頭に浮かぶのはカミソリではないでしょうか。確かにカミソリで毛を剃れば、簡単にムダ毛は無くなるんじゃないかしら、そう思うのでしょうね。特に初めてムダ毛の処理をしようとする子供などはほとんどがそうではないでしょうか。確かにカミソリでムダ毛の処理は出来ます。しかし、何も知らずカミソリを使うと、失敗する可能性があるのです。肌を傷めてしまうのです。酷いケースでは、肌を切ってしまい、出血させてしまったり。そこまでいかなくても、赤く腫れてしまったり、、。カミソリは刃ですから、危険なものと言えます。どんなカミソリを選べばいいのか。まずはそこからスタートでしょう。ドラッグストアに行けば、カミソリだけでもいろんなものが並んでいます。ムダ毛処理のためのカミソリとなると、安全カミソリを購入しましょう。カミソリを準備できたら、いよいよムダ毛の処理をします。気を付けたいことを挙げていきましょう。

 

まずは、同じところを何度も剃らないことです。これは多くの方が実際にしてしまって、肌を傷めてしまった経験があるようです。ムダ毛は濃さが人によつて違います。濃い人は、一回では剃りきれない場合があります。そんな人にはプレシェーブローションやシェービングクリームなどをたっぷりとムダ毛にしみこませて、すこし時間をおいてからカミソリで剃ります。そうすることで、一回で剃れるムダ毛が多くなります。剃れないからと何度もカミソリで剃ることは避けてください。

 

同じところを繰り返し剃っていると肌に刺激が強すぎて、黒ずみができてしまいます。どうしてもそり残しが多いならば、カミソリの刃が3枚刃、4枚刃、5枚刃などのものを使うようにしてみてください。次に大事なのがそり終わりのケアです。カミソリで剃った肌は大変乾燥して傷んでいます。保湿が必要なのです。ローションやクリームなどを必ずつけるようにしましょう。最後に、体の部分別の処理のしかたです。まずは一番きになる「ワキ」です。ワキは自分で直接見難い箇所ですね。注意して行いましょう。鏡などを利用して慎重に行ってください。ワキの毛には流れがあります。その流れに沿ってそっていきましょう。次に

 

「顔」です。顔の産毛など優しい毛質だからと、何も付けずにいきなりカミソリで剃るのは厳禁です。顔だからこそ、大事に扱いましょう。剃る前には必ず乳液か、シェービングクリームを使って処理をします。剃り終わったら、ローション、乳液をつけるのも忘れずに。乾燥を防ぎ、キレイな肌を作ります。

 

「手足」も重要ですね。露出する機会が多い場所ですから、注意して処理したいものです。他の場所より毛質が硬い人が多い箇所でもあります。この時にやはり注意したいのは2度剃り、3度剃りをしないこと。もしも
剛毛で何度もやらないと剃りきれないと言う人、刃数の多いカミソリで処理しましょう。最後に

 

「ビキニライン」です。ここは敏感な箇所ですし、見えにくい部分です。注意してください。カミソリで剃るのですが、どうしても剃ったところがチクチクしてきてしまいます。できればハサミを使って切りそろえる程度にするのがいいでしょう。このように簡単と思われていたカミソリでのムダ毛の処理は、注意すべき点があるのです。肌をなるべく傷めないように、優しい処理を心掛けましょう。